WHATS

天然無垢の家との縁

晴れて夢ハウス本社の審査基準をクリアし、ビジネスパートナーとして天然無垢の新築をおこなうことになったのですが、驚くべきことにその10年前に私は天然無垢の家にすでに出会っていたのです。

実は、私の弟(橋本正樹)が夢ハウスで天然無垢の家を建てていたのです!

弟が家を建てるときに、『こういう家を建てるんだよ』ということは聞いていましたが、「それって本当に良いの?」「騙されていないのか?」などと、責任感もなく、意味もない、身内の外野らしいことを口走っていたのを思い出します…。

弟のほうが先見の明があったのかもしれません(笑)

身内にはなりますが、感想をいただいていますのでご紹介させていただきます。

もともと『木の家がいいなぁ』とは思っていましたが、どこにするか・どのような家がいいかという具体的なところまでは当初決まっていませんでした。
ハウスメーカーの展示場など見たり話を聞いたりする中で、『ハウスメーカーは違うな』という印象を持ちました。
なぜなら、ハウスメーカーの家づくりは、『こういうオプションがあります』という感じで進めていくので、自動車を買うような“ショッピング”的な感覚だったのです。
また、展示場に行ったときにニオイで違和感を覚えたこともあります。木のニオイではなく、化学物質的なニオイを感じて、立ちくらみがしたこともありました。
そして、いろんなハウスメーカー・工務店を探していく中で、たまたま新聞広告で夢ハウスのことを知り、セミナーに参加したのがキッカケとなります。
新潟ツアーにも何度も足を運び、家づくりについて学ぶことで、『本当の家づくり』というイメージが湧き、夢ハウスの天然無垢の家に決めたのです。
10年以上経った今も、快適に過ごすことができており、木の心地よい香りの中で過ごすことができています。また、経年劣化ではなく、木の色が変わっていく“経年変化”を楽しむことができています。
時間が経つほど味が出てくるので、そこも本物の木の家の素晴らしさです。
まさか兄の会社が夢ハウスのパートナーになるとは思いませんでしたが、これからも本物の木の家を提供し続けてくれれば良いなと思います。

  • 木の家 外観
  • 木の家 内観扉
  • 木の家 漆喰壁
  • 木の家 玄関
  • 木の家 階段

弟が家を建てたあと“夢ハウス”について私自身すっかり忘れていました。
つまり、偶然にも試行錯誤してたどり着いたところが、実は私の弟が先にたどり着いた先と同じところだったのです。

この偶然の出来事は私はとても驚きました。
これにより今まで以上に天然無垢の注文住宅を始める使命を感じるようになりました。

理想の家づくりをするためのあなたとあなたのご家族のお手伝いをさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。