WHATS

天然無垢の家を選ぶ理由

私は長野県白馬村の出身です。幼少期を白馬村で過ごしたのち、中学卒業後は長野市にある長野高専へと進学し、学問の他、寮生活において貴重な経験をたくさん得ることができました。その後、長野市にある地元企業へ就職することになり、そこで建築現場や不動産業などの下積み経験を経て、上京後には東証一部上場の大手建設会社や塗装専門リフォーム店、地元密着型の工務店などで経験を積みました。

所有物でもある現在の事務所、「川崎市幸区北加瀬」に拠点を置かせていただき、ご縁によって破格の開業資金にて独立開業することができました。万感の想いを込め屋号を「楽しく明るい笑顔リフォーム」として、リフォーム専門店として事業を開始しました。

私が天然無垢の家を選んだ理由

皆さまの多大なるご協力を賜り、リフォーム事業は正に順風満帆、さらにありがたいことに「注文住宅の新築工事」を徐々にご依頼いただくようになります。新築の戸建て住宅を手がけていくことで、より仕事の幅が広がっていき、お客様の大切な財産をお任せいただける工務店へと成長しました。しかし、新築という大きな仕事をいただく中でひとつの疑問を抱くようになりました。

注文住宅の新築工事

「確かに家を建てて満足していただいているけれど、それは普通の満足じゃないか?」

打ち合わせ通り・ご提案通りの住宅はできて、一定のご好評は得ているのですが、お客様にとってそれは“普通の満足”であって、それ以上の“感動”は与えられていないかもしれない…という壁に当たってしまったのです。

一生の中で1番大きな買い物である「家」を、普通の満足で終わらせてはいけないと感じました。誰でもできるローコスト住宅工務店の殻を脱却し、感動させる家づくりを手掛けたい。そう考えるようになりました。

それから、私は「本物の家・感動していただくための家とは何か」という答えを出すために、家づくりのあらゆることについて学んでいきました。お客様にとって本物の家とは何か、お客様を感動させる家づくりとはなにかを探しはじめました。

そんなときに出会ったのが夢ハウスの“天然無垢の家”だったのです。

夢ハウス本社がある新潟へ何度も出向き、家づくりの工程、製材の工程、経年変化の楽しさ、会社の方針や経営陣のお人柄、そしてモノづくりに対する情熱などを何度も見ることで、「これこそが本物の住宅だ」と確信しました。

そして、夢ハウスビジネスパートナーとして、天然無垢の家づくりを手がけるようになったのです。