WHATS

乾燥無垢材のメリット

乾燥の重要性についてもう少しご説明します。

「反り」「ひび割れ」「傾き」といった木造住宅が不具合をおこす原因は、木の乾燥が不十分なためです。乾燥が不足することで、木は曲がったり腐ったりしてしまいます。

無垢材をしっかり乾燥させることは、

  • 乾燥収縮にともなう、狂い割れの防止
  • カビ、腐朽菌の発生防止
  • 住宅の強度確保

…といったメリットがあり、乾燥技術は丈夫な住宅をつくるために不可欠なのです。

さらに乾燥で重要なのは、木の芯まで20%以下の含水率にすること。
エアコンの普及により、室内の環境は木にとって過酷な状態にあります。

天然無垢の家は、内装材(床板・壁板)は含水率を5%(乾燥直後)まで乾燥させることにより、
後々、不具合が生じないようにしています。

  • 市販品の含水率と同等な床板
  • 夢ハウスでつくっている床板