川崎市幸区の新築・天然無垢材の注文住宅|株式会社スマイルプラス

天然無垢の本物の家づくりで、
ずっと快適に暮らせる住まいへ

特許取得技術により丈夫で長持ちして快適な理想の新築住宅を実現します

main

天然無垢の家は、次のような方に最適です。

  • 本物の
    自然素材の新築住宅を
    建てたいと
    考えている

  • 天然無垢の家に
    憧れているけれど、
    高いと思って
    諦めている

  • 子供のアレルギー
    が気になるので、
    自然素材の新築住宅に
    したい

  • とにかく
    永く快適に住める
    家づくりを
    検討中

  • 自然素材を
    ウリにしている
    住宅会社が
    いくつもあって
    決めかねている

はじめまして、株式会社スマイルプラスの代表取締役・橋本隆志と申します。
多くのお客様から「天然無垢の家っていいですよね」と言われます。
そしてほとんどの方が「でも高いんでしょ?」と、おっしゃいます。
「天然無垢=高い」というイメージが根付いているんだなと、つくづく感じます。
確かに価格だけで比較すると、大量生産された住宅の方が安いのかもしれませんが、
耐久年数で比較した場合、 自然素材の住宅は一般的な住宅の4倍、もしくはそれ以上長持ちする
ことがわかっています。
つまり、一度建てたらずっと住み続けることができるのが自然素材の家なのです。
自然素材の家はコスト面だけでなく、

プロフィール

代表取締役 橋本隆志

  • 健康
  • 快適
  • 耐震性
  • 省エネ

上記のような側面からも優れていますので、お客様にとって本当に暮らしやすい家とはどんな住宅なのか、
一度じっくり考えてみてはいかがでしょうか?

天然無垢の家で過ごすと“何が違う”のか?

【木を薄く切って接着剤と貼り合わせた集成材】と【無垢材】を冷凍庫にしまっておくと、
出したときにとても冷たいのは集成材です。
無垢材は、あたたかみを保っています。
また、数秒もすると集成材にはベッタリと結露が発生しますが、無垢材はまったく結露が発生しません。
その違いに誰もが驚きます。

天然無垢の家で過ごすと“何が違う”のか?

集成材は、家を大量生産するために生み出されたもので“効率性”という意味ではメリットはありますが、
本来“木”が持っている力(特徴)を消してしまっているのです。

天然無垢の家なら…

さらに、山林の買付・伐採から、製材・プレカット・パネル加工まで、すべての工程を一貫しておこなうことにより、
品質を高めながら1円でもお安く提供できるシステムを構築。

「天然無垢の注文住宅は高い」という常識を覆しています。

たとえば、このような感想をいただきます。

現代の家づくりは、大量生産・大量消費が主流となっており、長く住むというよりは、建て替えを前提としたつくり方が多く見られます。住宅の建て替え平均は26年程度という統計もあるほどです。
本物の木の新築住宅は、100年以上の耐久性があることを歴史が証明しています。
大手ハウスメーカーは、組織が拡大したために、下請け工務店に目配りしきれていないという問題点もあります。
実際に新築で住宅を建てる人たちがどのような仕事をしているのか、見えていないようでは本物の家を建てられるはずがありません。
天然無垢の家は、本物の木の家を少しでもお安く提供できるよう、

…など、さまざまな企業努力を続けています。

健康住宅はどこも同じですか?

このような疑問を持たれている方もいらっしゃいます。
シックハウスが問題になってから、住み手の意識もだいぶ変わり、最近では「自然素材の注文住宅」「健康住宅」
といった新築住宅も増えてきています。
ですが、自然素材なら何でもいいわけではありません。
自然素材の家づくりでもっとも大切なのは、丈夫な木にするための「乾燥技術」です。
冷暖房が完備された新築住宅では、温度差・湿度差が激しく木に負担がかかるため、しっかり乾燥させる必要がありますが、
これまでおこなわれていた乾燥技術では限界がありました。

「天然無垢の家」では、試行錯誤を繰り返したのち革命的な技術開発に成功。

健康住宅はどこも同じですか?

JASの乾燥材規格は含水率18~20%ですが、天然無垢の家で取り扱う構造材はすべて15%以下。
冷暖房など過酷な室内でも“くるい”や“すきま”がほとんど生じません。
特許も取得しているこの技術を用いることで、手間ヒマ・資金のかかる天然無垢材も使用できるようになり、
多くのお客様に「本物の木の家」をご提供できるようになりました。

乾燥無垢材を使用するメリット

乾燥の重要性についてもう少しご説明します。

「反り」「ひび割れ」「傾き」といった木造住宅が不具合をおこす原因は、木の乾燥が不十分なためです。乾燥が不足することで、木は曲がったり腐ったりしてしまいます。

無垢材をしっかり乾燥させることは、
・乾燥収縮にともなう、狂い割れの防止  ・カビ、腐朽菌の発生防止  ・住宅の強度確保

…といったメリットがあり、乾燥技術は丈夫な住宅をつくるために不可欠なのです。

さらに乾燥で重要なのは、木の芯まで20%以下の含水率にすること。
エアコンの普及により、室内の環境は木にとって過酷な状態にあります。

天然無垢の家は、内装材(床板・壁板)は含水率を5%(乾燥直後)まで乾燥させることにより、
後々、不具合が生じないようにしています。

自然素材に関する3つの誤解

【誤解その①:腐らないの?】

木は腐ってしまうのではないかと心配される方がいらっしゃいます。
確かに、腐朽菌(ふきゅうきん)という菌が木を腐らせるのは事実です。
ただしそれは、一定の水分があればという条件つき。

つまり、よく乾燥された木であれば、腐朽菌に蝕まれることはありません。
しっかりとした技術で乾燥された木は、腐朽菌など怖くはないのです。

オリジナル木材乾燥機「ドライランバー」

【誤解その②:強度が落ちるのでは?】

強度については、木材(杉)、鉄、コンクリートの強度を比較した、日本林業技術協会のデータがあります。

それによると、引っ張られる力に対して、杉は鉄の4倍以上、コンクリートの200倍以上の強度があります。
また、圧縮される力に対しては、杉は鉄の2倍以上、コンクリートの9倍以上あります。
曲げの強さにいたっては、杉は鉄の15倍以上、コンクリートの400倍もあるのです。

木材・鉄・コンクリートの比較強度

【誤解その③:耐久性は問題ないの?】

木は、建築されてからも一定期間は強度を増すという不思議な力を持っています。コンクリートは中性化が進むとどんどん劣化していきますし、鉄は当然のことながら錆びていきます。

木が長い年月を経ても大丈夫であることは、1200年前の正倉院や1300年前の法隆寺が今でも残っていることが証明してくれているのです。

耐久性は問題ないの?

私が天然無垢の家を選んだ理由

私は長野県白馬村の出身です。幼少期を白馬村で過ごしたのち、中学卒業後は長野市にある長野高専へと進学し、学問の他、寮生活において貴重な経験をたくさん得ることができました。その後、長野市にある地元企業へ就職することになり、そこで建築現場や不動産業などの下積み経験を経て、上京後には東証一部上場の大手建設会社や塗装専門リフォーム店、地元密着型の工務店などで経験を積みました。

その後、社会人時代の先輩の所有物でもある現在の事務所、「川崎市幸区北加瀬」に拠点を置かせていただき、ご縁によって破格の開業資金にて独立開業することができました。万感の想いを込め屋号を「楽しく明るい笑顔リフォーム」として、リフォーム専門店として事業を開始しました。

私が天然無垢の家を選んだ理由

皆さまの多大なるご協力を賜り、リフォーム事業は正に順風満帆、さらにありがたいことに「注文住宅の新築工事」を徐々にご依頼いただくようになります。新築の戸建て住宅を手がけていくことで、より仕事の幅が広がっていき、お客様の大切な財産をお任せいただける工務店へと成長しました。しかし、新築という大きな仕事をいただく中でひとつの疑問を抱くようになりました。

注文住宅の新築工事

「確かに家を建てて満足していただいているけれど、それは普通の満足じゃないか?」

打ち合わせ通り・ご提案通りの住宅はできて、一定のご好評は得ているのですが、お客様にとってそれは“普通の満足”であって、それ以上の“感動”は与えられていないかもしれない…という壁に当たってしまったのです。

一生の中で1番大きな買い物である「家」を、普通の満足で終わらせてはいけないと感じました。誰でもできるローコスト住宅工務店の殻を脱却し、感動させる家づくりを手掛けたい。そう考えるようになりました。

それから、私は「本物の家・感動していただくための家とは何か」という答えを出すために、家づくりのあらゆることについて学んでいきました。お客様にとって本物の家とは何か、お客様を感動させる家づくりとはなにかを探しはじめました。

そんなときに出会ったのが夢ハウスの“天然無垢の家”だったのです。

夢ハウス本社がある新潟へ何度も出向き、家づくりの工程、製材の工程、経年変化の楽しさ、会社の方針や経営陣のお人柄、そしてモノづくりに対する情熱などを何度も見ることで、「これこそが本物の住宅だ」と確信しました。

そして、夢ハウスビジネスパートナーとして、天然無垢の家づくりを手がけるようになったのです。

天然無垢の家との縁

晴れて夢ハウス本社の審査基準をクリアし、ビジネスパートナーとして天然無垢の新築をおこなうことになったのですが、驚くべきことにその10年前に私は天然無垢の家にすでに出会っていたのです。

実は、私の弟(橋本正樹)が夢ハウスで天然無垢の家を建てていたのです!

弟が家を建てるときに、『こういう家を建てるんだよ』ということは聞いていましたが、「それって本当に良いの?」「騙されていないのか?」などと、責任感もなく、意味もない、身内の外野らしいことを口走っていたのを思い出します…。

弟のほうが先見の明があったのかもしれません(笑)

身内にはなりますが、感想をいただいていますのでご紹介させていただきます。

もともと『木の家がいいなぁ』とは思っていましたが、どこにするか・どのような家がいいかという具体的なところまでは当初決まっていませんでした。
ハウスメーカーの展示場など見たり話を聞いたりする中で、『ハウスメーカーは違うな』という印象を持ちました。
なぜなら、ハウスメーカーの家づくりは、『こういうオプションがあります』という感じで進めていくので、自動車を買うような“ショッピング”的な感覚だったのです。
また、展示場に行ったときにニオイで違和感を覚えたこともあります。木のニオイではなく、化学物質的なニオイを感じて、立ちくらみがしたこともありました。
そして、いろんなハウスメーカー・工務店を探していく中で、たまたま新聞広告で夢ハウスのことを知り、セミナーに参加したのがキッカケとなります。
新潟ツアーにも何度も足を運び、家づくりについて学ぶことで、『本当の家づくり』というイメージが湧き、夢ハウスの天然無垢の家に決めたのです。
10年以上経った今も、快適に過ごすことができており、木の心地よい香りの中で過ごすことができています。また、経年劣化ではなく、木の色が変わっていく“経年変化”を楽しむことができています。
時間が経つほど味が出てくるので、そこも本物の木の家の素晴らしさです。
まさか兄の会社が夢ハウスのパートナーになるとは思いませんでしたが、これからも本物の木の家を提供し続けてくれれば良いなと思います。

  • 木の家 外観
  • 木の家 内観扉
  • 木の家 漆喰壁
  • 木の家 玄関
  • 木の家 階段

弟が家を建てたあと“夢ハウス”について私自身すっかり忘れていました。
つまり、偶然にも試行錯誤してたどり着いたところが、実は私の弟が先にたどり着いた先と同じところだったのです。

この偶然の出来事は私はとても驚きました。
これにより今まで以上に天然無垢の注文住宅を始める使命を感じるようになりました。

理想の家づくりをするためのあなたとあなたのご家族のお手伝いをさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

本物の住まいをつくる職人

Q.経歴について教えてください。
19歳から大工として修行を積み、親方の元でさまざまなことを学びました。たとえば、墨付け・手刻みなど昔ながらの伝統構法による家づくりについて経験させてもらいました。また日本古来の工法だけではなく、輸入住宅の経験もあります。カナダ・アメリカ・北欧などの輸入住宅づくりに携わりました。まだ輸入住宅が世の中に広まる前だったと思います。その後もいろんな経験をしましたが、縁があってスマイルプラスに入社することになりました。
Q.心がけていることは?
“見えないところが大事”ということを1番心がけています。家づくりは見えるところと見えないところ、どちらもあります。見えるところだけキレイにしても意味がありません。見えないところこそが本当に大事なことで、そこをどこまでこだわるかがプロかどうかの違いだと思います。
Q.天然無垢の家を建てようと思っている方へのメッセージ
大工だけがお客様を守る存在…という想いをもとに、家づくりをおこなっています。さまざまな職人が関わりますが、大工にしかわからないこともあります。常に全体を見ながら、お客様の大切な住まいを作っています。気になることがありましたら、お気軽にお声がけください。
大工 小川喜彦

大工 小川喜彦

家づくりをしっかり知っていただくための取り組み

天然無垢の家を提供している夢ハウスでは、
植樹祭、伐採体験ツアー、新潟ツアーでの家づくり見学会など、各種イベントを開催しています。

ものづくりの原点を見て、触れて、体験していただき、お客様に家づくりの全てを知っていただくための取り組みです。
樹齢100年を超す巨木が伐採されるところから見ることで、本物の家づくりの第一歩はここから始まるのだということをお分りいただけると思います。
ここまで余すところなくお見せするのは、自社の技術に自信と誇りを持っているからにほかなりません。

【 まずは、一度私とお話してみませんか? 】

家づくり見学会・伐採ツアーなど、さまざまな取り組みをおこなっていますが、「敷居が高い」と思われているかもしれません。

まずは、私(橋本)と家づくりについてお話してみませんか?

ここまで天然無垢の家についてご説明しましたが、正直10%も伝えられていません。本当はさまざまなことを伝えていきたいのですが、お客様によっては現段階で不要な情報もあるかもしれないので、最低限の情報に絞りました。 おそらく、これを読んでいるあなたもまだまだ疑問点・不明点・不安点・・・いろんなモヤモヤが生じていると思います。

…など、自然素材に限らず家づくりに関する全体像について、まずは私とお話してみませんか?
どんなささいなことでもご相談ください。
ご相談は、お電話またはメールにて承っております。

家づくりの第一歩は、住む人と、つくる人の信頼関係だと考えます。地元密着だからこそ、力になれることがありますので、
お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ・ご相談は…「ホームページを見て」とお気軽にお電話ください。
TEL:044-589-5680

(受付時間:9時~18時)

メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら
(24時間受付中)

スマイルプラスのスタッフブログBLOG

弊社スタッフによる、
天然無垢の注文住宅・リフォームまで住宅に関する情報をブログで発信いたします。

すべてのブログを見る